最新情報

2020.10.31

・タイトル
【兵庫県・トリミングサロンにおけるプードルの怪死事件に対する協会としての意見表明 】

・詳細
   2020年5月20日、兵庫県宝塚市にあるトリミングサロンにおいて、 トリミング中のトイプードルが、施術中に深い傷を負い死亡するという事例がおこりました。  原因は当該トリマーによる説明がないため不明であり、飼い主がトリマーに対し 経緯の説明と謝罪を求めており、現在訴訟中という状況です。  本件は多くのメディアやSNS上で取り上げられており、ペットサロンを管轄する当協会に対しても 意見を求める声が上がっておりますため、こちらに意見表明をさせていただきます。 当協会は、非会員である当該店舗に対し、調査する、指導するといった立場にはないことが前提となりますが、 一般的にこのような事故が起こってしまった場合の対応としては、 ・詳細な経緯説明と誠意ある謝罪 ・店舗経営者として賠償を含む社会的責任を果たすために、業務内容・プロセスの改善を徹底して行い、  お客様からの信頼回復に努めることが必要と考えています。  一刻も早い事態の収拾と、飼い主様の心の負担を減らすことのできる解決を望みます。                                 非営利一般社団法人 日本ペットサロン協会

・リンク

・資料