最新情報

日付
2018.07.11
タイトル
西日本豪雨に伴う支援活動について
詳細
日本ペットサロン協会では、2018年7月に発生した[西日本豪雨]で被災された地域に対し、以下の支援活動を行っています。

1、西日本豪雨により被災された地域のペット飼い主に対する早期自立支援活動。
 ⅰ 地域会員店舗による被災動物のケアグルーミングの提供
 ⅱ 地域会員店舗による、被災動物の一時預かり
 ⅲ 地域会員店舗による、生活必需品(フード・ペット用品等)の支援

2、西日本豪雨により被災された会員店舗に対する経営相談
 ⅰ 経営や運営の相談
 ⅱ お見舞金の支給(予定)

3、募金活動
 西日本豪雨により被災された地域への支援活動に必要な支援金の調達
 特に深刻な被災地域における、協会会員主導の「飼い主早期自立支援活動」に対する活動資金(ケアグルーミング・一時預かり・支援物資購入・活動費など)。拠出後の使途は制限しないが、事後の報告を必須とする。

《 日本ペットサロン協会 災害支援活動ポリシー 》
当協会が行う災害支援活動では、以下の内容を十分に理解し、地域ごとに行われる人命優先である被災者支援活動に支障を及ぼさない活動を行います。

1、ペット同行(同伴)避難とは、ペット飼い主が災害時の自助防災として想定するべき行動であり、必ずしも公共の避難所でペット動物と同室での避難生活を行える事ではないことを理解しています。そのため共助として必要なペット動物の一時預かりや、避難施設に付帯する飼育施設の管理など、専門知識が必要な支援を率先して提供します。

2、我々が行う災害支援活動の目的は、被災されたペット飼い主様の早期自立を支援する活動です。また、避難生活の場におけるペット動物に対するケアグルーミングは、避難場所の衛生管理や、避難生活を送る飼い主様の精神衛生を保全するための支援活動である事を理解し、サービス提供を行います。

3、我々が行う災害支援活動は、支援を提供する側にも被災者がいることを理解しています。そのため活動は支援者側に無理のない範囲で、可能な限り負担を強いない形で行う活動を提言します。

【災害支援提供店舗】
■岡山:
https://www.japanpetsalon.org/pdf/201807okayama.pdf

■広島:
https://www.japanpetsalon.org/pdf/201807hiroshima.pdf