協会概要

設立趣旨

近年日本の生活水準が向上するとともに、ペットの存在価値も高まってまいりました。その中で動物愛護への精神も高まり、動物愛護管理法の改定をはじめ、ペット業界は様々な変革期を迎えております。

そのペット業界の中で近年大きく発展したのがペットの美容やお預かりを行うペットサロンです。ペットサロン開業時に必要となる動物取扱業の保管業の登録件数は、平成19年の登録制度開始時には15,000件弱だったものが、平成24年には21,000件を超える状況となっています。

このようにペットサロンが増加する一方で、サービスガイドラインの未整備や経営に関する情報の不足により、多様化する消費者の要望に応えきれないケースが散見されるようになってまいりました。

そこで、消費者の皆様にペットサロンを安心してご利用いただくためのガイドラインの制定や、ペットサロンに関わるオーナーやトリマーを含むすべて人が安心して働ける環境創りを通じた業界の健全な発展、ペット共生文化の推進を目指して、日本ペットサロン協会の設立を発起いたしました。

人とペットが「すこやかに、美しく暮らす」ために必要不可欠なペットサロンに関わる関係者の方々が、この趣旨に賛同して下さることを期待し、安心で安全なサービス提供と、適切な情報提供とコンプライアンスに努め、ペットサロン経営を通じた社会貢献を全面的に支援して参りたいと思います。